読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スケートボーディング

Longboard Girls Crew


森ガールがボード担いで山登りのシーンから始まり、カントリーなサウンドとともにロングボードでのダウンヒル

Longboard Girls Crew
http://longboardgirlscrew.com/
Longboard Girls Crew – facebook
http://www.facebook.com/longboardgc

上より激しいのが在った。
ダウンヒルスライドスケートボーディング」というのも在るらしいらしい。

楽しそう。

デッキサイズ: 長さ 31”〜  ウィールベース 14.5”〜
その他パーツ: ノーマルトラック (インディペンデント、トラッカーダートモデルなど)リバースキングピントラック (ランダル、ガンメタルなど)
ハードウィール(58mm〜65mm、 95A〜100A)
ベアリング、ライザー、ビス、デッキテープ
スライドグローブ

ほう。

ボード欲しいなー

FLATBUNKERSのがパンプし易いらしい。
ダウンヒルも楽しそうだけどフラットな所でくねくねするのも楽しそう。


MiniRamp作りたい

ミニランプと言うよりは、クォーターパイプかな。
取り敢えずDIY楽しそうなので。

ミニランプ作成計画
http://www10.plala.or.jp/board-slope/miniramp.html

How to build Mini Ramp with Billy Rohan
どうせ作るなら

  • 2*4をボルトナットで固定して持ち運べるようにしたい
  • 鉄板がいい
  • コーピングは単管でいいかな
  • Rは2000-2500mmくらい

レンタルした場合[tfc-001] TFC社スケートボード用 ランプ

スケートパーク作りたい

千葉県野田市の川村設計企画にRAMPSHOPというスケートパーク設計・施工(木造・鉄骨・コンクリート問わず)専門の製造部署があるらしい。
95年頃からパーク作ってる老舗。

川村設計企画 ランプショップ
http://www.rampshop.com/
http://rampshop.commotion.jp/

そこで扱ってる
Rhino(ライノ)」のスケートパークシステムが面白そう。パークデザインしたい。ユニットデザインしたい。

イタリアのスケーター・ファッションブランド「bastard」事務所内にボウル

http://ameblo.jp/inoda-sveje/entry-10105393597.html
http://www.bastard.it/
凄い...

ローラーディスコ

スケートパークでこれやりたい。

1975年(昭和50年)12月24日にスケーターを対象としたディスコ「那覇ローラースケートランド」が沖縄に開店。米軍基地に隣接していたこともあって外国人の利用も多く、音楽と照明に合わせて滑る楽しさから、「ローラーディスコ」として大阪や愛知県にも飛び火した。後に関東で流行するよりも早く、新宿「ツバキハウス」で日本で初めてのプロ・ローラーディスコチーム「ピンクローラーズ」が結成された。-wikipedia ローラースケート

「ピンクローラーズ」調べたら画像あった!
初期の「ピンクローラーズ」メンバー 1978年
この流れで、光GENJIなのかと思ったら10年近く間があく。

光GENJI(ヒカルゲンジ)は、1980年代終盤から1990年代前半に活動していたローラースケートを履いて歌い踊る男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。1987年6月25日に、「GENJI」と「光」の2つのグループが合体されて結成。1995年9月3日解散。グループ名は『源氏物語』の主人公・光源氏に由来する。おニャン子クラブが解散した1987年にデビューし、1980年代末期を代表する男性7人組。テレビ等では伝説のアイドル・最後のスーパーアイドル・などと称される。 - wikipedia 光GENJI


インラインローラースケートやりたかったんだった。
夏になったら、アイススケートに行きたかったんだった。

Rodney Mullen

凄い。
Best Of Rodney Mullen(ストリートスタイル)

Rodney Mullen That's Incredible(フリースタイル)

ロドニー・ミューレン (John Rodney Mullen、1966年8月17日-)は、はアメリカ合衆国フロリダ州出身のスケートボーダー。多くのプロスケーターから「スケートボードの発展に最も大きな影響を与えた」と評され[1]、ステイシー・ペラルタ、トニー・ホーク、ダニー・ウェイ、マーク・ゴンザレスらとともにスケートボードの歴史に名を残すカリスマである。後に定番となった数々のトリックを考案し、スケートボードを始めて30年以上になる現在においても新作ビデオ発表のたびに難易度の高い新トリックを披露する。特にフリースタイルスケートの世界では不世出の天才であり、実力、実績、人気の全てにおいて飛び抜けている。また、スケートボード用具の形状やサイズ、材質の改良に多大な貢献をした。wikipedia ロドニー・ミューレン